自分で作れるはちみつ入りのデトックスウォーターで健康で元気になろう!

ここ数年、よく耳にするようになったデトックスウォーター。
簡単に作れてさっぱりと飲めるものですが、せっかくならはちみつのもつ栄養も一緒にとりたいもの。体の声にあわせてつくれる簡単なレシピをご紹介します。

デトックスウォーターとは?

なんとなくは知っていても、実はどんなもの?とお思いの方もいらっしゃると思います。

デトックスウォーターとは、ミネラルウォーターにお好みの野菜やハーブ、フルーツを漬けて味や香りを移したもののことなのです。

ただミネラルウォーターを飲むだけでなく、ふんわりと漂うやさしい香りやほんのりとした味がついているので飲みやすく、水に溶けるタイプの栄養成分も含まれます。その時々の体の声を聞いて手作りできるなんて、とてもうれしいですね。

盛夏には塩を入れて熱中症予防も

年々夏の暑さは過酷になり、熱中症にかかってしまう方も多いですね。家にいるから、激しいスポーツをするわけではないから、と安心していると、知らず知らずのうちに脱水症状を引き起こしているかもしれません。

さまざまな事情で塩分摂取を控えていらっしゃる方も多いと思いますが、医師と相談のうえ、暑い盛りは少量の塩(食塩ではなく、岩塩や海水をもとにつくられている、ミネラルをしっかりと含む塩)を加えてみてください。

市販のスポーツドリンクには意外に多くの糖分や香料、保存料が含まれているのですが、手作りのデトックスウォーターなら暑い季節を安心して元気に乗り切ることができそうですね。

デトックスウォーターの基本の作り方

グラスまたはピッチャーに、はちみつを大さじ1に対してミネラルウォーター250cc~300ccの割合になるように注ぎ、好みの野菜やフルーツを入れます。

味や香りが出やすいものは少なめに、出にくいもの、または濃い目に楽しみたいときはたっぷりと入れるとよいでしょう。

写真のように二層にするには、まず底にはちみつを入れ、スプーンなどをその上にそっと沿わせます。ミネラルウォーターはスプーンに当たるよう、静かに少しずつ注ぎましょう。いただくときも少しずつ混ぜながら飲むと、味の変化が楽しめますよ。

また、ドライフルーツを利用したものは、フォンダンウォーターとも言うそうですが、今回はデトックスウォーターとしてご紹介しています。

ドライフルーツの種類により違ってきますが、フレッシュなフルーツを利用するよりもかなり味も香りも濃いものとなります。少しずつ量を加減して使用してくださいね。

むくみが気になるときに

きゅうりとはちみつのデトックスウォーター

カリウムの多いきゅうりなどのうり科の野菜はむくみ解消に効果的。梅雨時のじめじめとした暑さも吹き飛ばしましょう。

きゅうりのほか、冬瓜でもよいですし、暑い夏の日には、ゴーヤの苦味をきかせると、気分もシャキッとしそうですね。きゅうりは軽く塩もみしてから流水で洗い、蛇腹に切って入れています。

日焼けが気になるときに

トマトとミントのデトックスウォーター

トマトに含まれるリコピンには、うっかりと日差しをあびてしまった肌の修復にも効果的。
すっきりとした清涼感のある香りのミントをプラスして。

トマトは爪楊枝や先の細いピックなどで、ところどころ穴を開けてあげると香りが出てきます。もちろん、最後には召し上がってくださいね。

夏風邪を引いてしまったときに

大葉のデトックスウォーター

大葉はさしみのつまに利用され、生魚による食中毒を予防するほか、冷たいものの取り過ぎで冷えたお腹を温めてくれます。また、夏風邪を引いたとき、おう吐があるときにも効果的です。

大葉は香りが出にくいのですが、包丁で切ると金属と反応して切り口が茶色く変色することがあります。表面を軽く塩でこすって葉の表面に傷をつけ、水で塩を洗い流してから入れるか、手のひらに載せ、もう一方の手でパン!と叩いてからいれるとよいですね。

スマホやパソコンの作業で目が疲れたときに

ドライベリーのデトックスウォーター

黒クコやブルーベリーに含まれる紫色の色素、アントシアニンは、疲れ目にとても効果的。

写真はドライの黒クコを利用しています。黒クコは中華街などで手に入りますが、入手が困難な場合は、ブルーベリーなど色の濃いドライフルーツを利用してくださいね。

ドライフルーツは、そのまま乾かしたもの、オイルコートしてあるもの、砂糖がまぶしてあるものなど、いくつかあるのですが、できるだけ乾かしただけのものを利用してくださいね。もし手に入らないようでしたら、一度熱湯をまわしかけ、オイルや糖分を洗い流すとよいですよ。

デトックスウォーターの保存は?

暑くなると多めの水分を取ることが熱中症・脱水症状の予防にもなりますが、デトックスウォーターはただのミネラルウォーターではなく、水に非加熱の野菜やフルーツなどを入れたものです。

保存料などを使わずに作り、安心できる飲み物ですが、当然、室温で長期間置いておくと腐敗してしまいます。作ったものは冷蔵庫で保管し、作った当日に飲みきることをおすすめします。

まとめ

今回ご紹介したほかにも、デトックスウォーターはあらゆる野菜やフルーツ、ハーブで作ることができます。その時々の体の声を聞き、体調に合った野菜などを少量のはちみつとともにミネラルウォーターに漬けて冷蔵庫に入れておくとよいですね。

なお、つけたあとの野菜やフルーツは、ヨーグルトに入れたり調理に使ったりして、残さず食べてくださいね。

また、暑い夏の盛りには冷凍してカキ氷にしても楽しめますね。安心安全な国産蜂蜜には少しずつ味の違いがあります。

ぜひ、好みの味の蜂蜜と野菜、フルーツの組み合わせを見つけて、自分だけのオリジナルデトックスウォーターを楽しんでくださいね。

はちみつ お試しセット

シェアする

フォローする