内側からぴちぴちお肌に

はちみつパックもご紹介しましたが、はちみつは外側からだけではなく、身体の内側からも、ピチピチきれいお肌にしてくれるようですよ。

なんだかんだいって、美味しいはちみつ、食べたい(笑)。パックも良いけれど、やっぱり食べたいですよね。はちみつは食べることによっても、美容に良いのだから、外側からでも、内側からでもOKなのです。

カロリーもちょこっと砂糖より少なめだし、肌の健康に必要不可欠な、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCをたくさん含んでいます。

ビタミンB2は、脂質の代謝をよくしてくれ、細胞の再生や成長をうながし、健康な皮膚、髪の毛を作ります。足りなくなると、ベタベタ脂性お肌になったり、ニキビができたり、眼精疲労になりやすいようです。

ビタミンB6は、たんぱく質がエネルギーになる過程を助けます。

皮膚や髪の毛、歯、などをつくり子どもの成長や、妊婦さんには不可欠な栄養です。

ビタミンCは、お肌のシミや小じわを防ぐ働きがあります。また細胞の老化を防いでくれます。体内のさまざまな代謝にも活躍しています。

不足すると、コラーゲンが作られなくなり、お肌のはり、弾力が失われたりします。

2478379.jpg


うん。はちみつ、食べよう食べよう♪

肌の老化をふせいで、はちみつでぴちぴちお肌を保とう♪

今時期、リンゴにかけて食べるのも美味しいですよね。

あまくてジューシーで、しかも健康にも良いそうです。

がんの食事療法についてたくさん本を書いている済陽 高穂さんも、りんごとはちみつは体に良いって『40歳からは食べ方を変えなさい!』という本に書いてました。

りんごとはちみつで、バーモント健康法ですね。

今年もはちみつにお世話になりま~す。

新海さんのおいしい国産純粋はちみつはこちらから♪