はちみつは栄養成分がたっぷり!元気な毎日にはちみつがぴったり

はちみつは健康に良いといわれていますが、具体的にどのような栄養があるのでしょうか?

はちみつに含まれている栄養成分とそれらの効果を知って、上手に利用しましょう。健康に効果のあるはちみつの選び方も紹介しますから、参考にしてくださいね。

はちみつには栄養がたっぷり!どんな栄養があるの?

はちみつに含まれる栄養成分は、150種類以上です。古代エジプト時代からお薬として使われていたという記録が残っているくらい、昔から特別な食べ物として扱われていました。はちみつに含まれている主な成分をピックアップしてみます。

ビタミンB群
はちみつにはビタミン類がたくさん含まれていますが、特に他の食べ物では摂取しにくいビタミンB群。

脳神経系のバランスを良くするB1、皮膚や粘膜を整えるB2、筋肉や血液を作るために必要なB6、血液の成分であるヘモグロビン生成を助けるB12などです。このようなビタミンB群は疲労回復にも威力を発揮します。

ポリフェノール
はちみつには「ガランジン」など10種類ものポリフェノールが含まれています。ポリフェノールは、抗酸化作用があるため、老化予防や生活習慣病の予防の効果が期待できます。ポリフェノールは、毎日少しずつ摂取することが大切です。

カルシウムやカリウム、鉄などミネラル
ビタミン類には注意して摂取するように心がけている人も、意外とミネラルに関しては無関心という場合も少なくありません。しかし、ミネラルは健康を維持するためにとても大事なものです。

例えば、カリウムは不足するとむくみやすくなります。ミネラルは大量に必要としませんが、ミネラル分が含まれたものを食べる習慣が大切です。疲れやすい人は鉄分が不足している場合があります。

栄養のあるはちみつは本物のはちみつだけ

はちみつにはいろいろな栄養成分が含まれていることがわかりました。さっそくはちみつを買おうとお店に行ってラベルをしっかりチェックしてください。

はちみつの容器には、純粋はちみつ、精製はちみつ、加糖はちみつなどと記載されたラベルが貼り付けています。どのように違うのでしょうか?

精製はちみつや加糖はちみつは、はちみつではなくはちみつを使った加工品です。当然、糖分が多くなり栄養分は失われています。はちみつだけでボトリングしているのが純粋はちみつです。

しかし、純粋はちみつだからといって安心できません。はちみつは本来蜂の巣の中で熟成されるものです。ところが工程を短くするために、熟成する前に人工的に加熱してしまっているはちみつがあります。

多くの栄養素は加熱に弱い上、ポリフェノールなどは熟成の過程で作られるもの。熟成しなくてはポリフェノールは生成できません。つまり、栄養素が全く異なってきます。1匹のミツバチが一生の間に作るはちみつは、ティースプーン1杯というほんの少しの量だということを知っていますか?そのため、本物のはちみつはとても高価なのです。

はちみつの効能はこんなにたくさん

はちみつは日常的に使うようにするといろいろな効果が期待できますね。常温で保存可能ですから、テーブルに常に置いておくと良いでしょう。甘いものが食べたいなと思ったときにひと舐めすると、余計なものを食べずにすみますよ。

・疲労回復効果
良質のミネラルやビタミンB群が含まれているため疲労回復の効果が期待できます。はちみつは、吸収されやすいのですぐにエネルギーとなって、体をサポートします。一般的に、糖類はエネルギーになるときビタミンB1が必要です。

しかしはちみつはB1を必要とせず、直接エネルギーに変化します。そのため効率的に体に作用するのです。また、疲労回復効果のあるクエン酸を含むレモンと一緒に食すとさらに効果的。おまけにおいしく食べられますね。

・殺菌効果
はちみつには殺菌効果がありますから、風邪対策や口臭対策にも使われます。高齢者は、唾液の分泌が減り、口の中が不衛生になりがちです。ティースプーン1杯のはちみつを毎日口に入れれば、口腔内の衛生が保たれます。子ども達の口内炎などにも効果が期待できるんですよ。

・二日酔いになったら
はちみつは肝機能を高める効果が期待できます。二日酔いになる前に、またはなってしまったときにはちみつを舐めてください。

・保湿効果
はちみつは保湿もするので、唇の荒れにもおすすめです。そのまま直接塗って、リップクリームの代わりに使われます。

・食中毒予防にも
はちみつは、お腹の調子を整える効果が期待できるため、食中毒を予防するといわれています。お腹の弱い方は、はちみつを食べることを習慣にすると良いですね。

・調理に使うといろいろな効果が
肉を柔らかくする、魚の臭みを取るという効果もあり、コクも出るので美味しく仕上がります。ただし、熱を加えると一部の栄養が壊れてしまうので注意が必要です。ただし、砂糖を使うよりずっと健康的であるといえるでしょう。

はちみつは国産がおすすめ

ヨーロッパやカナダ・アメリカ合衆国などでも本物のはちみつが作られています。

しかし、はちみつは熱に弱いので運搬のときに赤道を通ると品質が変わり、栄養も減少してしまいます。そのため、保存状態などが信頼できる国産のはちみつがおすすめです。

はちみつにはたくさんの栄養成分が含まれています。しかし、大切なことは「本物のはちみつ」を食べないと意味がないということ。はちみつは、はちの巣でじっくり熟成された、本物を選びましょう。

毎日はちみつを食べることで健康的な生活を送ってください。