健康にいいはちみつを毎日食べたいけど、デメリットもあるの?

自然界に存在する完璧なサプリメントと呼ばれるはちみつ。
近年の健康ブームで大きな脚光を浴びています。口から摂取しても、美容のためにコスメ代わりに使用しても、さまざまな効果が実感できるはちみつ。

しかし、なにごとにも表裏があるのが世の常。はちみつも、注意をしなくてはならない点がいくつかあります。本日は、はちみつのデメリットについてあえて触れてみましょう。

健康のためにメリットは数知れず

はちみつは、健康への寄与は計り知れないといわれるほど有能な食材です。

ミネラル、抗酸化物質、プロバイオティクス、酵素など、私たちの体に良質なエネルギーを補給してくれる天然の甘味料なのです。さらに、22種のアミノ酸を含むはちみつは、良質なたんぱく質の補給源といっても過言ではありません。

近年話題となっている「スーパーフード」の筆頭にはちみつの名があがるのは、当然のことでしょう。そして、その優しい甘さと香りは、癒しの効果もあるといわれています。

とはいえ、こうした数知れないメリットを持つはちみつも、万人向けというわけにはいかないのです。はちみつのもつデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

はちみつにもデメリットはある 具体的に注意すべきこと

① 糖尿病とはちみつ

はちみつは、天然とはいえ糖分であることに変わりはありません。そのため、糖尿病の患者さんは、はちみつの摂取については注意が必要です。もちろん、砂糖に比べれば天然のはちみつは、血糖値上昇の原因となるGI値が多少低いという特徴はあります。

また、アカシアと栗のはちみつはグルコースよりもフルクトースの量が多いために、はちみつの種類の中ではGI値が低いことで知られています。医師とよく相談し、適量を適宜摂取する必要があります。

② はちみつとボツリヌス症

おそらく、はちみつのデメリットとして最もよく知られているのがこのボツリヌス症でしょう。ボツリヌス菌は通常、腸内で他の腸内細菌が機能するために大事には至りません。

ところが、1歳未満の赤ちゃんは腸内の環境がまだ整っていないために、ボツリヌス菌が毒素を放出する可能性が出てくるのです。厚生労働省の報告によれば、1999年以降乳幼児のボツリヌス症が16例あります。原因ははちみつだけに限られないのですが、その可能性がゼロではないために1歳未満のあかちゃんのはちみつ摂取は禁止されているのです。

③ はちみつとカロリー

肥満やカロリーに注意が必要な方も、はちみつの摂取には気をつける必要があります。はちみつ100グラム当たりのカロリーは、304キロカロリー。決して低くないというのが実情です。

そして、はちみつは非常に消化が早い食品でもあります。胃にも優しいというメリットは、裏返せば、空腹感を覚えるのが早いことになります。

とはいえ、はちみつを暴食する人は少ないでしょう。はちみつのメリットを十分に生かし、なおかつカロリーも気にする必要がない適量は、1日にスプーン3杯分といわれています。

④ はちみつと虫歯

甘いはちみつを食べていると虫歯になりそう。そんなイメージを持っている方もいるかもしれません。

しかし、ニュージーランドの研究によってこのイメージは覆されました。はちみつは、虫歯の原因となる細菌の増殖を困難にする効能があることが明らかになったのです。ですから、はちみつは虫歯を気にする人にとってデメリットにはなりえないのでご心配なく!

メリットを生かすためのはちみつの選択と保存方法

健康食材として人気が高まるはちみつですが、それに伴ってさまざまな商品が市場に登場し、良質なはちみつを見極めるのも難しくなってきました。ある調査によれば、はちみつの抗酸化物質の量は商品によっては20倍の差があったと報告されています。

良質なはちみつを入手するための基準として、「生(Raw)」であることがまずあげられます。非加熱のはちみつは、酵素やミネラルといった有効成分も損なわれることなく摂取できるメリットがあるためです。

はちみつに限りませんが、あまり安価な商品には手を出さないほうが無難。品質は、おのずと金額に反映されることを頭に入れておきましょう。

そして、せっかく買った大事なはちみつは大事に保存して品質を維持しましょう!使用後は蓋をしっかりしめ、直射日光を避けた冷暗所に保管します。直射日光は、はちみつの重要な要素である酵素を損なう可能性があるためです。室温は25度以上にならないように注意。理想は、10度から20度での保管です。

最後に

はちみつのデメリットを探すのは、ほぼ「あらさがし」に等しいほど。はちみつは、メリットのほうが圧倒的に多いスーパーフードです。

ただし、糖尿病やボツリヌス症など、注意を必要とする点も皆無ではありません。自然からの恵みであるはちみつ、有効に正しい方法で摂取しその恩恵を体に還元させてあげましょう!

はちみつ お試しセット

シェアする

フォローする