はちみつは健康にいいけど血糖値が気になる…というあなたに朗報です。

甘い物が食べたいけど、血糖値が気になってなかなか食べることが出来ないとお悩みではありませんか?そんなお悩みに応えるのが、はちみつです。

はちみつは、血糖値の上昇が緩やかということを示す低GI食品なのです。
なので、血糖値を気にして甘い物を控えている方には、はちみつがおすすめ。
今回は、

・ 血糖値が上がる仕組み
・ なぜ、はちみつがおすすめなのか?
・ 特におすすめのはちみつ

を解説していきます。
この機会に、ぜひはちみつを食生活に取り入れてみてくださいね。

血糖値が上がる仕組み

血糖値を気にする方は多いですが、その上昇の仕組みをご存知でしょうか?

食べ物を口にすると、その糖分が血管内に取り込まれ、その後肝臓に運ばれます。この過程で血液中の糖分は上昇するので、血糖値が上がります。

その糖分の中でもブドウ糖が血液中に増えると、膵臓からインスリンが分泌されます。インスリンの働きは、血液中のブドウ糖が肝臓や筋肉、脂肪組織などの細胞に取り込まれるのを促進させることです。

インスリンの働きにより、血液中のブドウ糖が細胞に取り込まれることで、一度上昇した血糖値は下がります。

以上が血糖値の上昇の流れです。

健康な人はインスリンが正常に働き、食事をすることにより上昇した血糖値も下がります。

しかし、インスリンの分泌が少ない、遅いなどの理由で血糖値が下がらない。この状態が慢性的に続くのが、糖尿病なのです。

原因として考えられるのは、過食。食べ物から摂取した糖の分だけインスリンは必要になります。分泌されるほどインスリンの効果は弱まってくるので、結果的に血糖値が下がりづらくなるのです。

血糖値を気にする方には、はちみつがおすすめ!

ここまでで、血糖値はどのように上昇するか、お分かり頂けたかと思います。インスリンの効果を正常に保つためには、過食は禁物ですね。

さらに、血糖値の上昇を気にするなら、知っておくべきなのは低GI食品。GIとは血糖値の上昇を測る数値で、低GIは血糖値の上昇が緩やかであることを示します。

低GI食品の例を挙げると、

・ そば
・ 玄米
・ さつまいも
・ 大豆食品

など。

反対に高GIの食品もみておきましょう。

・ 食パン
・ 白米
・ うどん

など、日本人が主食にするものは血糖値が急激に上がりやすい高GIなものが多いので、注意が必要です。

ここでようやく、はちみつの話になります。甘いお菓子に使われる、白砂糖やグラニュー糖などの甘味料。これらは高GI食品なものが多いです。しかし、はちみつはその中で、低GIな甘味料として注目されています。

それでも、はちみつ全てが低GIなわけではありません。

はちみつ専門機関の、はちみつのGI値に関しての研究によると、数あるはちみつの中でも低GIなのはアカシア蜜とレンゲ蜜だそうです。

血糖値を気にする方におすすめなのは、アカシア蜜!

アカシア蜜・レンゲ蜜は共に低GIな甘味料としておすすめなのですが、そのなかでも特にGI値が低いのがアカシア蜜です。

わかりやすく、私たちが普段よく使う白砂糖とGI値を比較してみます。白砂糖のGI値が109に対して、アカシア蜜は約30前後。アカシア蜜の生産地ごとにGI値は多少変わってきますが、白砂糖のGI値とは明らかに違います。

また、アカシア蜜をおすすめする理由はこれだけではありません。

もうひとつの理由は、II値(インスリン・インデックス値)が低いということ。II値は、簡単に言うとインスリンの分泌度合いを示す数値です。II値が高いほど、インスリンを多く分泌させてしまう食品ということになります。アカシア蜜はこのII値が低い食品であるということも言われています。

低GIかつ低IIであるアカシア蜜は、甘い物を食べたいという欲求に応えながらも、血糖値の上昇は緩やかであり、インスリンの分泌も比較的少ない食品です。

食べ過ぎは良くありませんが、白砂糖などの代わりに使用して甘い物を楽しむのは良いのではないでしょうか。

バランスの良い食事・適度な運動・はちみつで健康に

ここまで、血糖値が気になる方には、はちみつがおすすめである理由を解説してきました。
最後にまとめると、

・ 血糖値は何を食べても上昇する
・ そのため、低GIな食品を知り、血糖値の上昇を緩やかにする必要がある
・ アカシア蜜は低GIかつ低IIなので血糖値が気になる方におすすめ

ということでした。

血糖値を気にしていても、甘い物は食べたいですよね。それなら、白砂糖の代わりにはちみつを使ってみませんか?

小さいことですが、はちみつがみなさんの健康を維持する一助になるかもしれませんよ。

はちみつ お試しセット

シェアする

フォローする