はちみつ効果で更年期障害や女性ホルモンなどの女性特有の悩みをケア

最近、物忘れが多くなった、汗の量が増えてしまった、動悸・息切れが気になるなど、更年期障害かなと悩んでいませんか?個人差はありますが、40歳をすぎた頃からなんとなく、イライラすることが多く、眠れない人も多いようです。

そのような悩みにはちみつが解決してくれるかもしれません。更年期障害の症状とどのようにはちみつが症状を緩和するのかを紹介します。

更年期障害の症状は?治療はどのように?

更年期障害は、40歳を越えた頃から性ホルモン分泌が減少し、自律神経失調症のような症状が出る症候群です。一般的に女性の病気として知られていますが、男性にも同様に起こります。

ただし、女性の場合は閉経期を挟んで約10年間に卵巣ホルモンのエストロゲンが減少し、生理のときの異常出血や生理不順などで自覚症状が多いためわかりやすいです。しかし男性も睾丸ホルモンのテストステロンが少ししか分泌しなくなります。女性より変化が緩やかなので、「老化かな?」と感じる程度です。

症状は、自律神経失調症にとてもよく似ています。

肉体的症状
・のぼせ
・顔が火照る
・動悸
・汗を異常にかく
・高血圧または低血圧(血圧の変動が激しい)
・頭痛やめまい
・物忘れがひどくなる
・イライラする
・不安を感じる
・気持ちが落ち込む
・不眠
・疲れやすく、だるさを感じる
・男性の場合の機能不全(ED)

治療には、ホルモン補充療法(HRT)や不眠やイライラする場合は症状に応じて抗うつ剤や抗不安薬が処方されます。副作用はホルモン補充療法の場合、閉経した後に出血がある、乳房が張って痛みがあるなど。抗うつ剤の副作用は、人によってめまいや過食などが起きる場合があります。

できれば、ナチュラルな方法で更年期障害の時期を乗り越えたいですね。

更年期障害の症状を緩和するはちみつ

はちみつにはコリンという成分が含まれています。

コリンは、神経伝達物質アセチルコリンを合成するために必要な成分です。

アセチルコリンというのはなんでしょうか?

アセチルコリンは、神経から神経へと情報を伝えるための物質です。脳から発せられた命令が神経を通って、行動に移されます。そのときにアセチルコリンの働きで、発汗量や心拍数などがコントロールされるのです。

つまり、アセチルコリンが不足するために、のぼせたり汗がたくさん出たりします。コリンを摂取することでアセチルコリンの増量が期待できます。更年期障害ののぼせなどの症状が緩和されるのですね。

それだけではなく、コリンの働きは中性脂肪が増えないようにコントロールすることです。高血圧や高コレステロールにも効果が期待できます。

それからはちみつに含まれている成分で注目したいのがトリプトファンです。トリプトファンは「セロトニン」を作るために必要な成分。トリプトファンがセロトニンになるためには、ビタミンB6が必要ですが、はちみつには、ビタミンB6も含まれています。

それではセロトニンとはなんでしょうか?

セロトニンというのは、脳内の神経伝達物質の一つです。感情をコントロールして精神を安定する働きがあります。セロトニンが不足すると、心が不安定に感じてしまい、ストレスが蓄積され、不眠に陥ってしまいます。

セロトニンは精神的なトラブルだけではなく、消化器や排便機能にも関わっています。排便に問題があると精神的にもダメージがいきやすくなりますね。

気持ちが落ち込みやすいのは、セロトニンが不足するからです。セロトニンを生成するトリプトファンが含まれたはちみつを摂取することでセロトニンを作り出しましょう。ただ、セロトニンは、太陽の光が不足すると生成しにくいといわれています。

はちみつを食べて、軽くお散歩をすると更年期障害の悩みから解放される可能性が高くなりますよ。ただし、はちみつの効能が期待できるのは、本物のはちみつだけです。純粋はちみつと書かれた、非加熱のはちみつを選んでくださいね。

・フェトエストロゲンフードをプラスしよう!

更年期障害に効果のある食べ物として、フェトエストロゲンフードが推奨されています。フェトエストロゲンというのは、植物エストロゲンとも呼ばれる、植物に含まれる女性ホルモンであるエストロゲンに似た成分です。

主に大豆製品やごまなどに含まれています。
食事を和食中心にすると摂りやすいですね。

食べ方に注意!プラスしてばかりではカロリーオーバーに

はちみつが更年期障害の時期を気持ち良く過ごすために、とても有益だということがわかりました。

ただ、問題はたくさん摂取すれば良いというわけではありません。

はちみつをただやみくもに食べていれば、もちろんカロリーオーバーになります。砂糖に比べると甘さが強く、同じ甘み、同じ重量では、ずっとカロリーが少ないです。それでも大さじ一杯が60カロリーですから、1日に摂取するカロリー量をコントロールしてください。

食事はバランスよく摂ることが一番です。更年期障害のことだけを意識しすぎて、食事のバランスが崩れ、体調が悪くなっては意味がありません。健康的な食生活を心がけたいですね。

更年期を健やかに過ごすための知恵

更年期障害が原因で不眠になると、さらに症状が悪化してしまうという悪循環にならないように、早めにケアしましょう。

更年期障害の症状は個人差があります。頭痛や不眠、疲れやすい、肩こりなど多様です。薬による副作用も心配ですよね。

コリンやトリプトファンを含むはちみつを症状が良くなるかもしれません。ポイントは適量を毎日続けることです。生姜漬けやレモン漬けなどを作ると、飽きずに毎日おいしく食べられますよ!

そして、純粋はちみつで非加熱の本物のはちみつを選ぶことがもう一つポイントです。できれば国産のはちみつが輸送過程で変質していないので安心です。

毎日はちみつを食べて、更年期障害の時期も快適に過ごしてくださいね。

はちみつ お試しセット

シェアする

フォローする